ペットと暮らす
 
PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

【いぬの飼い方】

犬は、飼い主が正しい知識を持って接すれば、人間のよきパートナーとなってくれます。集団生活の中ではルールを守らなければいけないことをよく知っているので、命令もすなおにききます。協調性がある、がまん強い、仲間意識が強くさみしがり屋、しっと深い、といった性格的な特徴(とくちょう)も、すべては群れでの生活に根ざしているのです。

ぬの寿命

獣医学(じゅういがく)の発達(はったつ)、食べ物や散歩(さんぽ)、身のまわりのケアなど、飼い主の管理が向上したことにより、犬の平均寿命は一般的に長くなっています。飼い方や犬種によって差はありますが、約12〜15年が平均寿命です。一般的に、大型犬より小型犬の方が多少平均寿命が長くなる傾向があります。

ぬのしつけ

犬を飼うなら、ただ甘やかしてかわいがるだけではいけません。子犬のうちに基本的なしつけをしておくことが大切です。

まずはトイレのしつけから。室内飼いの場合は部屋のスミに新聞紙などをしいたトイレを置き、必ずそこでオシッコさせるようにします。外で飼う場合は庭のスミなどがいいでしょう。犬がソワソワしだしたらトイレに誘導し、「オシッコ!」とウンチやオシッコをうながします。

次に、飼い主の命令にしたがわせる訓練(くんれん)。「おすわり」と「まて」は基本中の基本。犬と向かい合い、片手に持ったエサを犬に見せながら「おすわり」の声をかけ、もう片方の手で犬のこしを下に押します。また、すわっている犬と向かい合い、手のひらを見せて「まて」を命じます。命令にしたがったらごほうびをあげ、ほめてあげましょう。

散歩に備え、屋内や庭で首輪やリードにならす練習も必要です。散歩中も、リードをやたらと引っぱらせず、飼い主の横にぴたりと付いて歩けるような訓練をしておきましょう。いずれのしつけも、おぼえるまで毎日少しずつ、根気よく続け、成功したら思いきりほめてあげるのがコツ。トイレ以外の場所でオシッコをするなど、失敗したときはすぐに「ダメ!」ときびしくしかってください。
ただし、たたいてはいけません。暴力で教えるのではなく、自分の気持ちを言葉に乗せて伝えるような感じで行うのが大切です。

 

ぬの食事

犬には、たんぱく質、炭水化物(たんすいかぶつ)、ミネラル、ビタミンなどのバランスのとれた食事をあたえることが大切です。市販のドッグフード(総合栄養食)には犬に必要な栄養素がきちんとふくまれていますし、保存もきくので、家庭ではドッグフードを利用するといいでしょう。ドッグフードには、ドライ、セミモイスト、ウエット(缶)の3種類があります。

生後4週目くらいまでは基本的に母乳だけで十分。生後5週目になったら離乳食(りにゅうしょく)として、パンやうどん、生のひき肉などを牛乳でふやかし、4時間おきぐらいにあたえるとよいでしょう。離乳用のドッグフードもあります。

2か月になったら、消化の良い高カロリーの食事を1日3〜4回あげましょう。幼犬用のドッグフードもあります。5か月になったら食事の回数は1日2〜3回、1歳になったら1日1〜2回が一般的。妊娠(にんしん)・授乳中(じゅにょううちゅう)の母犬には1.5〜2倍の量の食事を3〜4回にわけてあたえます。8歳以上の老犬にはかたいもの、消化の良くないものはさけましょう。いずれの場合も、きれいな水をたっぷりそえてあげます。

食事の場所と時間はいつも一定にします。栄養的な面やしつけの面から、人間の食べものをあたえるのはやめましょう。塩からいもの、あまいものはとくによくありません。犬用のおやつもありますが、あたえすぎてはいけません。肥満(ひまん)をふせぐために、食事のあたえすぎにも注意が必要です。

食事中、近くで犬が見ているので、ついつい人間の食べ物をあたえてしまう……というのはよく聞くことです。でも、1度でも食べ物をあたえてしまうと、「そばにいれば食べ物がもらえる」とおぼえてしまいます。食事時は犬をケージに入れておくか、そばに来ても無視していましょう。

そして、「リーダーは飼い主なんだ」ということを自覚させるために、人間よりも先に食事をあたえるのはさけること。また食事中の犬に、他人が手を出すのは危険な場合があるので飼い主が注意しましょう。

ぬの健康

皮膚(ひふ)の血行をよくし、よごれやぬけ毛、フケを取りのぞくために、犬には毎日ブラッシングをしてあげましょう。小さいうちから少しずつブラッシングにならしておけば、いやがらなくなります。シャンプーは月に1〜2度で十分。風邪をひかないようなるべくあたたかい日を選び、終わった後はドライヤーで手早くかわかすようにします。犬種によってはトリミングが必要なものもいます。動物病院やペットショップで行っていますので、相談してみましょう。ツメきりや歯みがき、耳の手入れなども忘れずに。

Favorite

宮古島の体験ダイビングはこちら

最終更新日:2017/4/20

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE

PET LIFE NOTE